日本医療ソフト株式会社 (JAPAN MEDICAL SOFT CO., LTD.)
製品情報
製品使用例
画像情報修正サービス
価格表
サポート
Q&A
お問い合わせ
日本医療ソフトとは
DICOMサーバ

クリニック向けの小規模DICOM画像サーバです。
画像の受信、画像の管理、検索に対する応答、画像の配信を行います。
外部HDDへ画像データのバックアップを取得し、画像データの保全性が高くなっています。

DICOMポインター

PC、モニタ、UPSはメーカーの3年保障、バックアップHDDはメーカーの1年保障が付きます。
24時間運用には対応しておりません。
別途、据付作業費が必要になります。
他社製品の接続には別途、接続作業費が必要になります。


[画像データの受信(Storage)]

撮影装置からオンラインで画像データを受け取ります。
並列処理により複数の撮影装置から同時に受信できます。 特定の撮影装置からの受信でエラーが発生しても、他の撮影装置からの受信が止まることはありません。

DICOMサーバ
DICOMサーバ
転送
RF
CT
接続装置 最大5台


[画像データの検索送信(Query/Retrieve)]

画像ビューアからの検索に応答します。
並列処理により複数の装置から同時に検索できます。 特定の装置からの検索や転送が止まっても、他の装置の検索や転送が止まることはありません。
検索キーとして「ID」「氏名」「検査日」「モダリティ」が使用できます。

DICOMサーバ
DICOMサーバ
検索
DICOMビューア
(画像ビューアなど)


検索結果を元に指示された先へ画像を転送します。

DICOMサーバ
DICOMサーバ
転送
DICOMビューア
(画像ビューアなど)


[画像情報の調整(IDの桁揃えなど)]

撮影装置から受信した際に、異なるIDのゼロ埋めの有無などを自動的に統一します。


[画像データの転送]

撮影装置から受信した画像データを、自動的に他の画像ビューアやサーバへ転送します。


[プリフェッチ(関連画像データの事前配信)]

撮影装置から受信した画像の過去画像等を、自動的に他の画像ビューアやサーバへ転送します。


[画像データの自動バックアップ]

毎日指定時刻に、外付けHDDへ画像データのバックアップを取得します。画像データの保全性が高まります。


[電源障害対応]

UPSの使用により、突然の停電時も安全にシステムを停止させることができます。
電圧の変化を自動補正し、接続機器の誤作動や故障を防ぎます。


機器構成
PC インテル Core i3 プロセッサ
メモリ 4GB
HDD 1.2TB
DVDマルチドライブ
モニタ 19インチ TFT液晶モニタ
OS Windows 8 pro または Windows 7 pro
画像データバックアップ 画像データバックアップ用HDD
バックアップソフトウェア
UPS UPS本体
UPS管理ソフトウェア
システム最大消費電力 400W
※2013年3月時点の価格表の最小構成となります。
※納入時期により機器構成が変わる場合があります。


セット販売価格 お問い合わせください

ソフト一覧へ戻る
Mail info@jmsoft.co.jp | TEL 03-5823-4258 | FAX  03-5823-4259
Copyright (C) 2015-2017 JAPAN MEDICAL SOFT CO., LTD. All Rights Reserved.