日本医療ソフト株式会社 (JAPAN MEDICAL SOFT CO., LTD.)
製品情報
製品使用例
画像情報修正サービス
価格表
サポート
Q&A
お問い合わせ
日本医療ソフトとは

監視カメラで待合室や撮影室を映す。
USBメモリを使用して画像データを持ち帰る。

  • 待合室や撮影室の状況をパソコンの画面で確認することができます。
  • 最大2台のカメラ映像を同時に確認することができます。
  • タブレット型パソコン(ノート型パソコンも可能)を使用して撮影装置から画像データを受信します。
    受信した画像データは直接USBメモリへ書き込まれます。
監視カメラと受信
印刷用 PDF形式 91 KB

メリット デメリット
カメラ映像をパソコン画面に映すことで、モニタを減らすことができます。
最大2台のカメラ映像を同時に確認することができます。
操作が簡単
USBメモリはDVD−RAMと比べて動作が速い
最大で5つの装置から同時に受信できる
持ち運びはUSBメモリ1個のみ
安い
拡張できる(情報書き換え、ナンバーディスプレイ、MWMサーバーなど)
撮影装置でUSBメモリに書き込める

Mail info@jmsoft.co.jp | TEL 03-5823-4258 | FAX  03-5823-4259
Copyright (C) 2015-2017 JAPAN MEDICAL SOFT CO., LTD. All Rights Reserved.